全国縦断興行、旅の思い出〜東京編〜

全国の思い出話をご紹介する「旅の思い出」
本日は私、渡辺ゆぱが全国の思い出を書いてゆきます。
今回は東京編!

ハムプロと東京

そもそも、ハムプロの東京はじまりは2009年。
「東京の人」という企画から始まっていました。

代表のすがのが東京の人109人とお芝居作ろう。という企画。
そこから2年後2011年にハムプロの東京支部が発足したんですね。

発足当時辺りの若かりし竹屋光浩支部長

私がハムプロに所属しようと決めることになった
「かっこいい宇宙人のぼく」札幌公演。
東京からのゲストとして
今もお世話になっている菊池美里さん(キクちゃん)
杉木隆幸さん(コタさん)が出演していました。
後に会ったとき、『あの人たちだ!』って思ったなー

支部との出会い、東京との関わり

私の初めての東京公演は2011年の旅公演でした。
東京支部決起公演を同時期にやっていたので
そのときに竹屋・傍嶋とも「はじめまして」だった気がします。
何を話したかは全く覚えていませんが(笑)

2012年から頻繁に東京公演に参加していました。
東京には年の近い演劇人が多く、
居心地が良かったのだと思います。


何かあれば連絡できるという、絶妙な距離感が
私には丁度良かったんです。


(あきお、うんじょ、あんちゃんには
何かあれば連絡してしまう)

東京の人とまちめぐり

「東京の人とまちめぐり」という企画もやりました。
文字通り、東京の人たちと巡演しようという企画。


宣伝や、小屋との連絡も東京の人にお任せしたり、
(白石さんの松本公演の挨拶を旅公演の度に思い出す)

里帰り公演ということで
その方の親戚や友人が見にきてくれたり。
ハードと言われるハムプロの旅公演を
私たちの好きな東京の人たちにも
体験してもらいました。

一緒にお風呂入ったり同じ釜の飯を食べました。
(あやさんと入った壺風呂の夜がすごく良かった)

『ペスト』で札幌と東京の共演

『ペスト』にはたくさんの東京の役者さんにも
声の出演をしてもらいました。

ダンボール人形に録音の声を当てて操演した人形劇

このとき、札幌の私の好きな人たちと
東京の私たちの好きな人たちが共演していて
とても嬉しかった。
私個人的には、札幌と東京のオールスター共演を
見ている気持ちでした(笑)

おかげでたくさんの知り合いが増えた土地、東京。
だんだんみんなとは
遠い親戚のような関係になってきました。

『何かを続けていたり、お芝居やっていたり、
頑張っている人たちがあそこにもいる』

そう思えば、勝手に頑張れるときがあるものです。

そんな皆さんに
『パンピーパンチ』千秋楽をお届けします。
こんなご時世ではありますが、
対策をしっかり行い劇場でお待ちしております。
見届けに来ていただけたら嬉しいです。

***

札幌ハムプロジェクト全国縦断興行2021
『パンピーパンチ』
作・演出 すがの公

【東京公演】
@こった創作空間
(新宿区2-6-8 小沢ビルB1)
10月15日(金)20:00
10月16日(土)14:00/18:00

■全国縦断興行とは?
我々は毎年、ワゴン一台に小さな劇を乗せて全国を回っています。
今年は10都市の公演を予定しております。
舞台セット・音響・照明・衣装・小道具・スタッフ・役者、全てを乗せて巡演いたします。

■チケット料金
前売:一般2500円 / 学生1500円
未就学児無料

■チケット予約(メールフォーム)
https://forms.gle/TuEH2EpC1cb2uK659

■出演
傍嶋史紀 / 渡辺ゆぱ / すがの公

■あらすじ
朝、引き落としがうまく行かなくて電気が止まっていた。昼、バイトをクビになった。夜、バンド仲間の二人が密かにつきあっていて、妊娠をきっかけに夢を捨てた。結果私が捨てられた。しかも私はこっそりギターの彼が好きだった。
そして極め付けは、夜中、飼ってる猫が死にそうになる。動物病院に行ったら一晩預けることになってアパートに戻ったら鍵がない。それで独り、ネカフェにいる。
「そういう日ってあるよね」って言ってくれる親友もいない。出会い系とか絶対怖いのでムリ。だからネトゲで、戦士と魔導師に話を聞いてもらう。

■ハッシュタグは「#パンピーパンチ」
みなさまのSNSでの感想を集めております。
今年のハッシュタグは「#パンピーパンチ」です。
前の都市での公演のお客様のリアクションも見られて楽しいです。次の都市への勢いにもつながります。ぜひ。

■WEBサイト
https://hampro.jp/

■お問い合わせ・変更など
hampro.sapporo@gmail.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする