『象に釘』オンライン座談会<その1>

『象に釘』オンライン座談会<その1>

2020年12月5-6日に開催される
二人芝居『象に釘』に参加する役者のみなさんと、
オンラインでの座談会を行いました!

◎この度は二人芝居『象に釘』参加いただきまして、ありがとうございます。

渡辺ゆぱ:よろしくお願いします。
由村鯨太:お願いいたします!
フルサキエミ:よろしくお願いします(´。•ㅅ•。`)
傍嶋史紀:よろしくお願いします!
前田透:よろしくお願いします!前田です!
明逸人:前田くん、よろしくお願いします。
すがの公:以上、演出1名、男女6名でオンライン座談会、お送りします。

◎『象に釘』は、もともと『戦う象の死ぬとき(2012)』という題名で、二人芝居を長いことかけて各地で育てていく企画でした。


すがの公:東京札幌新潟、いろんなところで開催のたびに台本を改定してきました。2017年の大改訂を機にタイトルを変えました。

◎存在はご存知でしたか?

明逸人:出させてもらったからね。『戦う〜(2012)』。
渡辺ゆぱ:私は6年前に東京の役者さんとやった象が最後です。
由村鯨太:今回の一個前『象の釘(2017)』を観た。確かzoo。
前田透:前のすわの時にめっちゃ観ました。
すがの公:役者的に『象に釘』はどんな芝居なんですか?
傍嶋史紀:初演時は、自分らしさについて考えていた気が(笑)象は、その人っぽさみたいなものがわかりやすく出る芝居だなあって思います。
明逸人:ムカついて仕方ない時と、終わるのイヤだなーって思う時と、極端だったなぁ
すがの公:やる人や組み合わせによってものすごい印象の変わる芝居かも。
前田透:僕は結構いろんな組み合わせをみてて、なんであんなに観たのか考えたら、たぶん、あの空間で、このような芝居を、面白そーにやってるのが僕もまた面白かったってのがデカかったんじゃないかなぁ。

渡辺ゆぱ6年前。意味もわからず東京の本庄司と。

渡辺ゆぱ:20代前半の頃は台本の意味はわからず(笑)ゲームみたく「セリフたくさんある!楽しい!」という気持ちでやってた。
傍嶋史紀:私も8年ぶりに読んで、わかることが増えてて、歳をとったんだなと思いました。
渡辺ゆぱ:当時、年上の人たちが私とは違うところで楽しそうに戦っている気がして羨ましかった。6年経ってその境地に近づけるような気がしています。
フルサキエミ:「いつか来るとは思っていたが弱ってきた」みたいなセリフが30代前半の自分とかぶって泣きながら読んだ覚えがあります。
すがの公:今回の改訂で女の人の台詞を見直しましたので、今回は女子やりやすくなってると思います。当社比(笑)
明逸人:女子やりにくかったのか(笑)

8年前の『戦う象の死ぬとき』に参加してくれてた明逸人氏

◎ぶっちゃけこの芝居、お客さんは面白いのかな。

渡辺ゆぱ:たしかに。やっている方の充実はすごくあるのですが、観ている方はどうかしら、、
由村鯨太:俺観たとき面白かったっすよ!
一同:よかった(笑)
由村鯨太:高尚な話かと思ったら「男と女の話だったあ!しかもやっぱ無限に続いちゃうよねえ!」て感じでした。
明逸人:男が威厳たっぷりに浅ましさを垂れ流し、八つ当たり、自暴自棄の果てにプロポーズみたいなことするけど、結局男はしょせん男、みたいな感じが男としてはある。それを一生懸命やる男ってのも乙だよな、と思う。
すがの公:今回は、どんな風になるかめっちゃ楽しみ。
渡辺ゆぱ:実はめっちゃ緊張しています(笑)
前田透:僕、めっちゃ象観てた時に「出ない?」って言われたんですけどスケジュール的に難しくて、悲しくも断った記憶あり。実はいま、結構嬉しい。

めっちゃ観ていた前田透氏

◎象のことを、普段どう思われますか?

すがの公:象は死ぬ姿を見せないとか、象の墓場という場所があるとか、いろんな説があって、謎めいた動物だよね。
フルサキエミ:8年前に出て以来、象といえば二人芝居。今年の夏に1人で動物園で象のことずーーっと見てた。
すがの公:いいな。おひとりさま動物園。
傍嶋史紀:動物園行きたい。
前田透:あんなデケーのが動いてるなんて!生きてるなんて!と、感動して、鼻息も荒くなり、子どものように喜びます。ずっと見てしまう。
フルサキエミ:かわいそうなイメージある。

フルサキエミは初演からフル出場のベテラン

傍嶋史紀:「かわいそうなぞう」という絵本を思い出します。
あと、アフリカゾウとアジアゾウで結構顔が違ってびっくりしました。
由村鯨太:象が水飲む時に、鼻痛くなんない理由を知った時にちょい尊敬した記憶があります。
渡辺ゆぱ:普段優しいのに怒るとライオンをも倒す強さを兼ね備えててかっこいい。乗り回したい。オツベルと象では鳴き声が「グララアガア」。
明逸人:足の裏で触れた卵を割らずに避けられるなんて繊細が過ぎる。
渡辺ゆぱ:すごい!!!!
明逸人:足の裏で確かめながら、卵が無いところを選んで歩くの。
すがの公:卵が割れるって知ってんだね、象。
渡辺ゆぱ:もう、ますます動物園行きたい🐘
由村鯨太:今度の稽古動物園でやる?

由村鯨太氏がプロフィール用に送ってくれた写真。不採用。

→<座談会2に続く>

象に釘詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする