男女ふたり芝居 『象に釘』公演詳細&「役者変更について」&「ぞうについて」すがの公

ご予約はこちら:

札幌ハムプロジェクト
男女ふたり芝居
『象に釘』
脚本演出・すがの公
出演:
明逸人(ELEVEN NINE)
由村鯨太(わんわんズ)
フルサキエミ(札幌ハムプロジェクト)
傍嶋史紀(札幌ハムプロジェクト)
渡辺ゆぱ(札幌ハムプロジェクト)

上演時間:約1時間
場所 : 演劇専用小劇場 BLOCH
公演日程:2020年12月5日(土)、6日(日)
上演スケジュール:
12月5日(土)
15:00 明逸人&フルサキエミ 売り止め
17:00 由村鯨太&渡辺ゆぱ
売り止め

19:00 前田透&傍嶋史紀→由村鯨太&傍嶋史紀

12月6日(日)
13:00 由村鯨太&フルサキエミ
15:00 前田透&渡辺ゆぱ→明逸人&渡辺ゆぱ
17:00 明逸人&傍嶋史紀
観覧料(前売&当日):1ステージ1500円
※コロナ対策で座席は減らしてあります。お早めに。
予約フォーム:https://ux.nu/tSsbj
お問い合わせ:hampro.sapporo@gmail.com

※二人芝居『象に釘』役者一部変更のお知らせ

突然のお知らせではございますが、

今回12/5の19時と12/6の15時公演の出演者に変更がございます。
大変もうしわけございません。

12/5の19時公演 前田透&傍嶋史紀→由村鯨太&傍嶋史紀

12/6の15時公演 前田透&渡辺ゆぱ→明逸人&渡辺ゆぱ

とさせていただきます。

出演する予定でした前田透さんは

3週間前、自身が主催する劇団・木製ボイジャー14号の公演において、出演役者の陽性反応があり、公演の中止を経験なさいました。

前田透さんも濃厚接触者に認定され、PCR検査を受けた結果、陽性でした。
しかし本人は症状は出ておらず、体調に問題なく隔離期間も過ぎましたが、
話し合いの結果、念のため今回の出演を見送る形となりました。

直前のお知らせになりましたことを心よりお詫びもうしあげます。

この件に伴う予約のキャンセルと変更は
下記メールアドレスまでご連絡ください。

hampro.ticket@gmail.com

札幌ハムプロジェクト
プロデューサー・すがの公

<象のこと・すがの公>

札幌東京新潟で、ながながと8年もやっています。

2012年あたりに始まったとき、原題は『戦うゾウの死ぬとき』でした。

これが2015年の北海道戯曲賞最終選考まで残りました。
んで、2017年の大改訂に際し改題し、『象に釘』になりました。
今年、改めてさらに手を加えて、北海道戯曲賞2020に出しました。
一次選考発表はこの本番の次の日、令和2年12月7日です。
祈ってください(笑)

象に出てくれた役者さんのことを、”象使い”と呼んでいます。
過去の象使いは80人くらいはいると思います。
知ってる人はすごく知っている二人芝居です。壮年男女がながながやれる二人芝居を作ろうと思って書き始めた
とはいえ、
こんなに長く愛される台本になるとは思っていませんでした。
今回も僕の好きな人に客演をお願いしました。
各ステージ男女の組み合わせが全部違うので、
慎重にご予約いただきたいと思います。
コロナのせいで席は少なめ。お早めにどうぞ。
作演出・すがの公

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする